業績リスト

掲載形態別
DBLP
Google Scholar

1992年度(平成4年度)

  1. 宮崎修一,岩間一雄,
    CNF論理式の充足解に対する改良されたランダム探索法
    平成4年度 第45回電気関係学会九州支部連合大会 p.792, 1992. (長崎大学,長崎市)

  2. 宮崎修一,岩間一雄,
    CNF論理式に対する局所探索法の評価
    情処研報 Vol.93 No.24 (情報処理学会アルゴリズム研究会 93-AL-32-13)
    pp. 97-104, March 1993. (九州大学,福岡市)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    CNF論理式に対する局所探索法の各種例題集合に対する性能評価
    第46回(平成5年前期)情報処理学会全国大会講演論文集 文冊1, 1-891, March 1993. (工学院大学,東京都)

1993年度(平成5年度)

  1. 宮崎修一,岩間一雄,
    グラフの色ぬり分け問題からSATへの効率の良い変換方法について
    情報基礎理論ワークショップ93(夏のLAシンポジウム), pp. 28-33, July 1993. (グリーンピア岩沼,岩沼市)

  2. 宮崎修一,岩間一雄,
    グラフの色ぬり分け問題からSATへの効率の良い変換方法とその評価
    第47回(平成5年後期)情報処理学会全国大会講演論文集 分冊1, 1-79, Oct. 1993. (鳥取大学,鳥取市)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    SATへの変換を利用したグラフ問題の難しさの評価方法について
    京都大学数理解析研究所講究録871 「計算量理論」(冬のLAシンポジウム), pp.112-116, May 1994 (発表は2月). (京都大学,京都市)

  4. 宮崎修一,岩間一雄,
    k-クリーク問題からSATへの効率の良い変換方法について
    電子情報通信学会 春期大会94 D-15, March 1994. (慶應義塾大学 日吉キャンパス,横浜市)

1994年度(平成6年度)

  1. Iwama, K. and Miyazaki, S.,
    SAT-Variable Complexity of Hard Combinatorial Problems
    Proceedings of the IFIP 13th World Computer Congress, Vol.1, pp. 253-258, August-September 1994. (Hamburg, Germany)

  2. 松永哲,宮崎修一,岩間一雄,
    ハミルトン閉路問題からSATへの効率の良い帰着法について
    平成6年度 第47回電気関係学会九州支部連合大会 p.886, Sept. 1994. (九州東海大学,熊本市)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    NP完全集合によるco-NP完全集合の近似
    電子情報通信学会 春季大会95, March 1995. (福岡工業大学,福岡市)

1995年度(平成7年度)

  1. Iwama, K. and Miyazaki, S.
    Approximation of coNP Sets by NP-complete Sets
    Proc. the First Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON'95)
    (Lecture Notes in Computer Science 959)
    pp.11-20, August 1995. (Xi'an, China)

  2. 宮崎修一,岩間一雄,
    NP完全集合によるcoNP集合の近似とその応用
    情報基礎理論ワークショップ95 (夏のLAシンポジウム), pp.91-96, July 1995. (グリーンピア恵那,恵那市)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    近似をも考慮に入れた多項式時間変換
    京都大学数理解析研究所講究録950 (冬のLAシンポジウム)
    「計算モデルと計算の複雑さに関する研究」 pp.240-245, May 1996(発表は1月か2月). (京都大学,京都市)

1996年度(平成8年度)

  1. 牧川潔志,宮崎修一,岩間一雄,
    SATを利用した時間割作成問題の解法
    平成8年度 第49回電気関係学会九州支部連合大会 p. 674, Oct. 1996. (宮崎大学,宮崎市)

  2. Miyazaki, S., Iwama, K. and Kambayashi, Y.,
    Database Queries as Combinatorial Optimization Problems
    Proc. International Symposium on Cooperative Database Systems for
    Advanced Applications (CODAS'96), pp.448-454, December 1996. (Kyoto, Japan)

1997年度(平成9年度)

  1. Cha, B., Iwama, K., Kambayashi, Y. and Miyazaki, S.
    Local Search Algorithms for Partial MAXSAT
    Proc. Fourteenth National Conference on Artificial Intelligence (AAAI 97)
    pp. 263-268, July, 1997. (Providence, USA)

  2. 宮崎修一,岩間一雄,
    部分最適化問題の完全性について
    第55回(平成9年後期)情報処理学会全国大会講演論文集,分冊1 1-299, Sep., 1997. (福岡工業大学,福岡市)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    部分最適化問題の完全性
    信学技報,Vol.97 No.375 COMP97-69
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.73-79, Nov., 1997. (福岡ソフトリサーチパーク,福岡市)

1998年度(平成10年度)

  1. 宮崎修一,岩間一雄,
    NP完全集合によるcoNP集合の近似とその応用について
    電子情報通信学会論文誌 Vol.J81-D-I No.6
    pp. 677-684, June, 1998.

  2. 盛田保文,宮崎修一,岩間一雄,
    部分MAXSAT を利用した大学情報処理の自動化
    情処研報, Vol.98 No.58,98-DBS-116(2) (情報処理学会データベースシステム研究会)
    pp.335-342,July, 1998. (芦原パストラル,??)

  3. 宮崎修一,岩間一雄,
    バックトラック法を用いた導出原理の複雑さの解析について
    情報基礎理論ワークショップ98 (夏のLAシンポジウム), pp.13-18, 1998. (休暇村大久野島,竹原市)

  4. 宮崎修一,岩間一雄,
    条件を緩和した安定結婚問題のNP完全性について
    信学技報,Vol.98 No.432 COMP98-55
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.33-40, Nov., 1998. (九州工業大学,北九州市)

  5. 内田敦,宮崎修一,岩間一雄,
    オンライン問題のクラス分け
    第58回(平成11年後期)情報処理学会全国大会講演論文集 分冊1, 1-319, Mar, 1999. (早稲田大学,東京都)

  6. 盛田保文,宮崎修一,岩間一雄,
    条件を緩和した安定結婚問題の複雑さ
    情処研報,Vol.99 No.26 99-AL-67
    (情報処理学会アルゴリズム研究会)
    pp.15-22, Mar., 1999. (日立製作所基礎研究所,埼玉県比企郡)

  7. Iwama, K., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Stable Marriage with Incomplete Lists and Ties
    Proc. the 1st Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications (JHSDMIA'99)
    pp. 63-70, Mar., 1999. (Kyoto, Japan)

1999年度(平成11年度)

  1. 内田敦,宮崎修一,岩間一雄,
    オンライン問題の複雑さの解析について
    信学技報,Vol.99 No.30 COMP99-8
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.57-64, Apr., 1999. (名古屋大学,名古屋市)

  2. Miyazaki, S. and Iwama, K.
    Approximation of coNP Sets by NP-complete Sets and Its Applications
    Systems and Computers in Japan, Vol. 30, No. 7, pp.47-54. June, 1999.

  3. Iwama, K., Manlove, D. F., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Stable Marriage with Incomplete Lists and Ties
    Proc. 26th International Colloquium on Automata, Languages, and Programming (ICALP'99)
    (Lecture Notes in Computer Science 1644),
    pp. 443-452, July, 1999. (Prague, Czech Republic)

  4. Iwama, K., Miyazaki, S. and Uchida, A.
    Hardest Online Problems
    Proc. KOREA-JAPAN Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC99)
    pp. 59-66, July, 1999. (Seoul, Korea)

  5. 宮崎修一,岩間一雄,
    鳩の巣原理に対する木状導出原理の証明サイズについて
    信学技報,Vol.99 No.288 COMP99-33
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.15-22, Sep., 1999. (北海道大学,札幌市)

  6. Manlove, D. F., Irving, R. W., Iwama, K., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Hard Variants of Stable Marriage
    Technical Report no. TR-1999-43 of the Computing Science Department of Glasgow University,
    September 1999.

  7. Iwama, K. and Miyazaki, S.
    Tree-Like Resolution Is Superpolynomially Slower Than DAG-Like Resolution for the Pigeonhole Principle
    Proc. 10th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC'99)
    (Lecture Notes in Computer Science 1741), pp. 133-142, Dec., 1999. (Madras, India)

  8. 宮崎修一,岩間一雄,
    鳩の巣原理に対する木状導出原理の証明サイズの上下限の改良
    京都大学数理解析研究所講究録1120
    「新しいパラダイムとしてのアルゴリズム工学」 pp.51-57, Dec., 1999. (京都大学,京都市)

  9. 河合大輔,宮崎修一,岡部寿男,岩間一雄,
    SATに対する局所探索法のベクトル化
    信学技報,Vol.99 No.549 COMP99-75
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.49-56, Jan., 2000. (沖縄エッカホテル,那覇市)

  10. 梅本潤,宮崎修一,岡部寿男,岩間一雄,
    PVMによるSAT並列局所探索プログラム
    情処研報,Vol.2000, No.23 2000-ARC-137, 2000-HPC-80 (情報処理学会アーキテクチャ研究会・ハイパフォーマンスコンピューティング研究会)
    (情報処理学会アーキテクチャ研究会・ハイパフォーマンスコンピューティング研究会)
    pp.95-100, Mar., 2000. (千歳科学技術大学,千歳市)

  11. 武富史郎,宮崎修一,岩間一雄,マグナスハルダースソン
    オンライン独立頂点集合問題に対する一般化されたオンラインアルゴリズムの性能評価
    第60回(平成12年後期)情報処理学会全国大会講演論文集 分冊1, 1-193, Mar, 2000. (拓殖大学,東京都)

  12. 西村知洋,宮崎修一,岩間一雄
    断線したネットワークの復旧問題に対する近似アルゴリズム
    第60回(平成12年後期)情報処理学会全国大会講演論文集 分冊1, 1-199, Mar, 2000. (拓殖大学,東京都)

  13. 梅本潤,宮崎修一,岡部寿男,岩間一雄
    PVMによるSATアルゴリズムの高速化
    第60回(平成12年後期)情報処理学会全国大会講演論文集 分冊1, 1-177, Mar, 2000. (拓殖大学,東京都)

2000年度(平成12年度)

  1. 盛田保文,宮崎修一,岩間一雄,Halldorsson, M. M.
    安定結婚問題の近似可能性について
    京都大学数理解析研究所講究録1148 「計算機科学の基礎理論:21世紀の計算パラダイムを目指して」(冬のLAシンポジウム)
    pp. 124-129, Apr., 2000. (京都大学,京都市)

  2. 武富史郎,宮崎修一,岩間一雄,Halldorsson, M. M.
    一般化されたオンライン独立頂点集合問題の競合比
    信学技報,Vol.100, No.25, COMP2000-4
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.25-32, Apr., 2000. (群馬大学,桐生市)

  3. 河合大輔,宮崎修一,岡部寿男,岩間一雄
    SATに対する局所探索法のベクトル化
    情報処理学会 並列処理シンポジウム (JSPP 2000), pp.43-50, May, 2000. (早稲田大学,東京都)

  4. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Taketomi, S.
    Online Independent Sets
    Proceedings of the Sixth Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2000 )
    (Lecture Notes in Computer Science 1858),
    pp. 202-209, July 2000. (Sydney, Australia)

  5. Iwama, K., Kawai, D., Miyazaki, S., Okabe, Y. and Umemoto, J.
    Parallelizing Local Search for CNF Satisfiability Using PVM
    Proc. The AAAI-2000 workshop on parallel and distributed search for reasoning , July 2000. (Austin, USA)

  6. Iwama, K., Kawai, D., Miyazaki, S., Okabe, Y. and Umemoto, J.
    Parallelizing Local Search for CNF Satisfiability Using Vectorization and PVM
    Proc. Workshop on Algorithm Engineering (WAE 2000),
    (Lecture Notes in Computer Science 1982),
    pp.123-134, September 2000. (Saarbrucken, Germany)

  7. 宮武和史,宮崎修一,岩間一雄,
    最大化および最小化アルゴリズムにおける近似度の関係
    電子情報通信学会 総合大会2001 D-1-4, March, 2001. (立命館大学 草津キャンパス,草津市)

2001年度(平成13年度)

  1. 河合大輔,宮崎修一,岡部寿男,岩間一雄
    SATに対する局所探索法のベクトル化
    情報処理学会論文誌, Vol. 42, No. 4, pp.754-761, April, 2001.

  2. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Inapproximability of Stable Marriage Problems
    Proc. KOREA-JAPAN Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2001)
    pp. 59-66, July, 2001. (Pusan, Korea)

  3. 柳澤弘揮, 宮崎修一,岩間一雄,マグナスハルダースソン
    条件を緩和した安定結婚問題に対する確率近似アルゴリズム
    2001年夏のLAシンポジウム予稿 (LAシンポジウム)
    pp. 4.1--4.11, July., 2001. (宮城蔵王ロイヤルホテル, 宮城県)

  4. 宮崎修一
    安定結婚問題に関する諸性質, 日本オペレーションズリサーチ学会 離散アルゴリズム研究会, 2001年9月27日. (京都大学, 京都市)

  5. 宮崎修一
    アルゴリズム工学 − 計算困難問題への挑戦 −,第6.24節 「安定結婚問題」, 杉原厚吉, 茨木俊秀, 浅野孝夫, 山下雅史編 (他章の著者62名),
    共立出版, pp. 264-265, 2001年6月.

  6. 柳澤弘揮, 宮崎修一,岩間一雄,マグナスハルダースソン
    条件を緩和した安定結婚問題に対する近似アルゴリズム
    2001年冬のLAシンポジウム予稿 (LAシンポジウム)
    pp. 40.1--40.8, Feb., 2002. (京都大学, 京都府)

2002年度(平成14年度)

  1. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Inapproximability Results on Stable Marriage Problems
    Proc. 5th Latin American Theoretical INformatics (LATIN 2002)
    (Lecture Notes in Computer Science 2286)
    pp. 554-568, April, 2002. (Cancun, Mexico)

  2. Manlove, D. F., Irving, R. W., Iwama, K., Miyazaki, S. and Morita, Y.
    Hard Variants of Stable Marriage
    Theoretical Computer Science, Vol. 276, Issue 1-2, pp. 261-279, April, 2002.

  3. 柳澤弘揮, 宮崎修一,岩間一雄,マグナスハルダースソン
    ランダムタイブレークによる安定マッチングの導出
    情報技術レターズ, Vol.1, (情報科学技術フォーラム FIT 2002)
    pp.13-14, Sept. 2002. (東京工業大学 大岡山キャンバス, 東京都)

  4. Halldorsson, M. M., Irving, R. W., Iwama, K., Manlove, D. F., Miyazaki, S., Morita, Y. and Scott, S.
    Approximability Results for Stable Marriage Problems with Ties
    Technical Report TR-2002-121 of the Computing Science Department of Glasgow University,
    October, 2002.

  5. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Taketomi, S.
    Online Independent Sets
    Theoretical Computer Science, Vol. 289, Issue 2, pp. 953-962, October, 2002.

  6. 柳澤弘揮,宮崎修一,岩間一雄,Halldorsson, M. M.
    長さ2のタイを含む安定結婚問題に対する近似アルゴリズム
    信学技報,Vol.102, No.522, COMP2002-59
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.41-47, Dec., 2002. (大阪大学,豊中市)

  7. Iwama, K., Kawai, D., Miyazaki, S., Okabe, Y. and Umemoto, J.
    Parallelizing Local Search for CNF Satisfiability Using Vectorization and PVM
    The ACM Journal of Experimental Algorithmics, Volume 7, Article 2, 2002.

  8. 江原康生、高倉弘喜,宮崎修一,中村素典,沢田篤史、岡部寿男、金澤正憲、
    安全なギガビットネットワーク KUINS-IIIの構築と運用
    分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2003
    pp.19-24, Jan., 2003. (沖縄勤労福祉センター 沖縄ハイツ,那覇市)

  9. Shuichi Miyazaki,
    Approximability of Stable Marriage with Incomplete Lists and Ties,
    Algorithms Seminar 2003 , McGill University. 2003年3月6日. (McGill University, Montreal, Canada)

2003年度(平成15年度)

  1. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Randomized Approximation of the Stable Marriage Problem
    Proceedings of the ninth Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2003)
    (Lecture Notes in Computer Science 2697)
    pp. 339-350, July, 2003. (Big Sky, USA)

  2. 高倉弘喜,江原康生,宮崎修一,沢田篤史,中村素典,岡部寿男,
    安全なギガビットネットワークシステム KUINS-III の構成とセキュリティ対策
    電子情報通信学会論文誌 Vol.J86-B No.8, pp. 1494-1501, Aug., 2003.

  3. 宮崎修一
    安定結婚問題の近似可能性と配属問題への応用,
    科学研究費補助金 基盤研究(C) 全体会議
    2003年9月2日. (中央大学, 東京都文京区)

  4. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Improved Approximation of the Stable Marriage Problem
    Proceedings of the 11th Annual European Symposium on Algorithms (ESA 2003)
    (Lecture Notes in Computer Science 2832)
    pp. 266-277, Sep., 2003. (Budapest, Hungary)

  5. Halldorsson, M. M., Irving, R. W., Iwama, K., Manlove, D. F., Miyazaki, S., Morita, Y. and Scott, S.
    Approximability Results for Stable Marriage Problems with Ties
    Theoretical Computer Science, Vol. 306, pp. 431-447, September 2003.

  6. 加藤俊策,宮崎修一,岡部寿男
    不正を検出できるネットワーク軍人将棋
    信学技報, Vol.103, No.499, ISEC2003-84
    (電子情報通信学会 情報セキュリティ研究会)
    pp.1-6, Dec., 2003. (機械振興会館,東京都港区)

  7. 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄,
    安定結婚問題に対する局所探索近似アルゴリズム
    電子情報通信学会 総合大会2004 D-1-2,
    March, 2004. (東京工業大学 大岡山キャンバス, 東京都)

2004年度(平成16年度)

  1. 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄,
    局所探索法による安定結婚問題の近似
    信学技報,Vol.104, No.16, COMP2004-8
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.53-60, April, 2004. (京都大学,京都市)

  2. Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K.
    A (2-c log N/N)-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem
    Proceedings of the 9th Scandinavian Workshop on Algorithm Theory (SWAT 2004)
    (Lecture Notes in Computer Science 3111)
    pp. 349-361, July, 2004. (Humlebaek, Denmark)

  3. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.,
    Randomized Approximation of the Stable Marriage Problem
    Theoretical Computer Science, Vol. 325, No. 3, pp. 439-465, Oct., 2004.

  4. 宮崎修一
    安定結婚問題, 電子情報通信学会会誌, Vol.88, No.3, pp. 195-199, 2005年3月号.

2005年度(平成17年度)

  1. 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄,
    安定結婚問題に対する局所探索近似アルゴリズムの改良
    信学技報,Vol.105, No.72, COMP2005-15
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.45-51, May, 2005. (九州大学,福岡市)

  2. 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男,
    共有メモリ型スイッチにおけるオンラインバッファ管理アルゴリズムの競合比の改良
    信学技報,Vol.105, No.144, COMP2005-21
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.17-22, June, 2005. (富山大学,富山市)

  3. 宮崎修一,久保浩史,高見好男,四方敏明,櫻井恒正,山元伸幸,河野典,江原康生,高倉弘喜,沢田篤史,中村素典,岡部寿男,北野正雄,
    KUINS接続機器登録データベースの概要
    全国共同利用情報基盤センター 研究開発論文集,No.27
    pp.47-51, Oct., 2005. (東北大学,仙台市)

  4. 宮崎修一
    安定結婚問題に対するアルゴリズム,
    特別講演(九州工業大学), 2005年11月7日. (九州工業大学, 飯塚市)

  5. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N.
    A (2-c 1 / \sqrt{N})-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem
    Proc. 16th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2005)
    (Lecture Notes in Computer Science 3827),
    pp. 902-914, Dec., 2005. (Sanya, Hainan, China)

  6. Miyazaki, S. and Okabe, Y.
    Cheat-proof Serverless Network Games
    Proc. 4th International Symposium on Computing and Media Studies
    pp. 94-101, Jan., 2006. (Kyoto, Japan)

  7. 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男,
    マルチキュースイッチにおけるオンラインバッファ管理アルゴリズムの競合比の改良
    京都大学数理解析研究所講究録1489 「計算理論とアルゴリズムの新展開」(冬のLAシンポジウム)
    pp. 91-97, Jan., 2006. (京都大学,京都市)

2006年度(平成18年度)

  1. 宮崎修一
    ルータ上のバッファ管理問題に対するオンラインアルゴリズム, 電子情報通信学会会誌, Vol.89, No.4, pp. 299-303, 2006年4月号.

  2. Kato, S., Miyazaki, S., Nishimura, Y. and Okabe, Y.
    Cheat-proof Serverless Network Games
    5th International Conference on Computers and Games (CG 2006)
    (Lecture Notes in Computer Science 4630),
    pp. 234-243, May 2006. (Turin, Italy)

  3. 清成悠貴,宮野英次,宮崎修一,
    試問予定表作成問題の計算複雑さ
    信学技報,Vol.106, No.128, COMP2006-18
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.7-14, June, 2006. (埼玉大学,さいたま市)

  4. Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K.
    A (2-c log N/N)-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem
    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E89-D No.8
    pp.2380-2387, August 2006.

  5. Kiyonari, Y., Miyano, E. and Miyazaki, S.
    Computational Complexity Issues in University Interview Timetabling
    Proc. of The 6th International Conference on the Practice and Theory of Automated Timetabling (PATAT 2006).
    pp. 448-453, August 2006. (Brno, Czech Republic)

  6. 吉牟田拓朗,宮野英次,宮崎修一,
    オンラインTSPアルゴリズムに対する下限について
    平成18年度 第59回電気関係学会九州支部連合大会
    10-2A-07, p.342, September 2006. (宮崎大学,宮崎市)

  7. 宮崎修一
    安定結婚問題に対する1.875-近似アルゴリズム
    科学研究費補助金 特定領域研究(新世代の計算限界 -その解明と打破-) 全体会議,
    2006年11月18日. (?????)

  8. 朝廣雄一,宮野英次,宮崎修一,吉牟田拓朗,
    サイクルグラフ上での地図作成問題に対する重み付き最近傍アルゴリズム
    信学技報,Vol.106, No.405, COMP2006-43
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.15-22, Dec., 2006. (名古屋大学,名古屋市)

  9. 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄,
    安定結婚問題に対する1.875-近似アルゴリズム
    信学技報,Vol.106, No.405, COMP2006-48
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.49-56, Dec., 2006. (名古屋大学,名古屋市)

  10. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N.
    A 1.875-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem
    Proc. 18th ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2007)
    pp. 288-297, Jan., 2007. (New Orleans, USA)

  11. Asahiro, Y., Miyano, E., Miyazaki, S. and Yoshimuta, T.
    Weighted Nearest Neighbor Algorithms for the Graph Exploration Problem on Cycles
    Proc. 33rd Conference on Current Trends in Theory and Practice of Informatics (SOFSEM 2007)
    (Lecture Notes in Computer Science 4362),
    pp. 164-175, Jan., 2007. (Harrachov, Czech Republic)

  12. 山内直哉,宮崎修一,岩間一雄,
    安定結婚問題に対する1.8-近似アルゴリズム
    電子情報通信学会 総合大会 DS-1-3, March, 2007. (名城大学,名古屋市)

2007年度(平成19年度)

  1. Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe
    A Tight Bound on Online Buffer Management for Two-port Shared-Memory Switches
    Proc. 19th ACM Symposium on Parallelism in Algorithms and Architectures (SPAA 2007)
    pp. 358-364, June 2007. (San Diego, USA)

  2. 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男,
    A Tight Upper Bound on Online Buffer Management for Two-port Shared-Memory Switches
    信学技報,Vol.107, No.127, COMP2007-26
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.63-70, June, 2007. (北海道大学,札幌市)

  3. 森本尚之, 宮崎修一,岡部寿男,
    サイクルグラフ上での地図作成問題に対する最適なオンラインアルゴリズム
    2007年夏のLAシンポジウム予稿 (LAシンポジウム)
    July, 2007. (休暇村能登千里浜, 石川県羽咋市)

  4. 宮崎修一
    修士論文公聴会スケジューリング問題の計算複雑さ,
    日本オペレーションズリサーチ学会 コンピュテーション研究部会, 2007年8月3日. (京都大学, 京都市)

  5. Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K.
    Stable Roommates Problem with Triple Rooms
    Proc. 10th KOREA-JAPAN Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2007)
    pp. 105-112, August, 2007. (Chonnam National University, Gwangju, Korea)

  6. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.,
    Approximation Algorithms for the Sex-Equal Stable Marriage Problem
    Proc. 10th Workshop on Algorithms and Data Structures (WADS 2007)
    (Lecture Notes in Computer Science 4619),
    pp. 201-213, Aug., 2007. (Halifax, Canada)

  7. Halldorsson, M. M., Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Improved Approximation Results for the Stable Marriage Problem
    ACM Transactions on Algorithms, Vol. 3, Issue 3, Article No. 30, Aug., 2007.

  8. 宮崎修一
    離散数学のすすめ 第6回 「安定結婚問題」, 理系への数学(現代数学社), pp. 49-54, 2007年9月号.

  9. 清成悠貴,宮野英次,宮崎修一,
    試問予定表作成問題の制約付きモデルに対するNP困難性
    平成19年度 第60回電気関係学会九州支部連合大会
    09-1A-04, p.87, September 2007. (琉球大学,沖縄県中頭郡)

  10. 森本尚之, 宮崎修一,岡部寿男,
    サイクルグラフ上でのグラフ探索問題に対する最適なオンラインアルゴリズム
    信学技報,Vol.107, No.219, COMP2007-39
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.51-57, September 2007. (豊橋技術科学大学,豊橋市)

  11. 岡本和也,宮崎修一,岩間一雄,
    3人部屋安定ルームメイト問題のNP完全性
    信学技報,Vol.107, No.258, COMP2007-41
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.1-6, October, 2007. (東北大学,仙台市)

  12. Takagi, T., Komura, T., Miyazaki, S., and Okabe, Y.,
    Privacy Oriented Attribute Exchange in Shibboleth Using Magic Protocols
    25th APAN Meeting in Hawaii, 2008年1月. (ハワイ)

  13. Iwama, K. and Miyazaki, S.
    A Survey of the Stable Marriage Problem and Its Variants
    Proc. International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society (ICKS'08)
    pp. 131-136, Jan. 2008. (京都大学,京都市)

  14. 高木俊宏,古村隆明,宮崎修一,岡部寿男,
    マジックプロトコル利用によるプライバシーに配慮したShibboleth属性交換の拡張
    DSM, 情報処理学会研究報告 2008-DSM-48 (分散システム/インターネット運用技術研究会)
    pp.37-42, March 2008. (北陸先端大,石川県能美市)

  15. Yanagisawa, H., Miyazaki, S., and Iwama, K.
    Approximation Algorithms for the Sex-Equal Stable Marriage Problem
    信学技報,Vol.107, No.537, COMP2007-55
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会),
    pp. 1--8, March 2008. (日本IBM 東京基礎研究所,神奈川県大和市)

2008年度(平成20年度)

  1. Iwama, K., Miyazaki, S. and Okamoto, K.
    Inapproximability of Stable Roommates Problem with Triple Rooms
    Proc. 1st Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC),
    p.30, April 2008 (The Univ. of Hong Kong, Hong Kong ).

  2. S. Miyazaki, N. Morimoto and Y. Okabe
    An Optimal Online Algorithm for the Graph Exploration Problem on Cycles
    Proc. 1st Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC),
    p.42, April 2008 (The Univ. of Hong Kong, Hong Kong ).

  3. Iwama, K. and Miyazaki, S.
    Stable Marriage with Ties and Incomplete Lists
    Encyclopedia of Algorithms, Springer, pp. 883-885, June 2008.

  4. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yamauchi, N.
    A (2-c 1 / \sqrt{N})-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem
    Algorithmica, Volume 51, Issue 3, pp. 902-914, July 2008.

  5. Hamada, K., Iwama, K. and Miyazaki, S.
    The Hospitals/Residents Problem with Quota Lower Bounds
    MATCH-UP (Satellite workshop of ICALP 2008),
    pp. 55-66, July 2008 (Reykjavik University, Iceland).

  6. 小林浩二, 宮崎修一,岡部寿男,
    2ポートマルチキュースイッチにおける最適なオンラインバッファ管理アルゴリズム
    2008年夏のLAシンポジウム予稿 (LAシンポジウム)
    July 2008. (国民休暇村南紀勝浦, 和歌山県)

  7. Toshihiro Takagi, Takaaki Komura, Shuichi Miyazaki and Yasuo Okabe,
    Privacy Oriented Attribute Exchange in Shibboleth Using Magic Protocols
    The 2008 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2008)
    Workshop on Middleware Architecture in the Internet, pp. 293-296
    August 2008. (Turku, Finland)

  8. Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki and Yasuo Okabe,
    A Tight Bound on Online Buffer Management for Two-Port Shared-Memory Switches
    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E91-D No.8
    pp.2105-2114, August 2008.

  9. 小林浩二,宮崎修一,岡部寿男,
    Improved Competitive Ratios of Online Buffer Management Algorithms for Multi-Queue Switches in QoS Networks
    信学技報,Vol.108, No.206, COMP2008-33
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.71-78, September 2008. (名古屋工業大学,名古屋市)

  10. 森本尚之, 宮崎修一,岡部寿男,
    入力に制限を加えたオンライングラフ探索問題
    情報処理学会関西支部 支部大会, pp.51-54, October 2008. (京都リサーチパーク,京都市)

  11. 清水敬太, 宮崎修一, 岡部寿男,
    段階的秘密交換プロトコルを利用した配達内容証明が可能な電子メールプロトコルの設計上の検討,
    信学技報, vol. 108, no. 275, IA2008-42 (電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会),
    pp. 7-12, 2008年11月. (立山国際ホテル,富山市)

  12. 宮崎修一
    離散数学におけるエレガントな問題,
    特別講演(九州工業大学), 2008年11月14日. (九州工業大学,飯塚市)

  13. Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki and Yasuo Okabe,
    A Tight Upper Bound on Online Buffer Management for Multi-Queue Switches with Bicodal Buffers
    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E91-D No.12
    pp.2757-2769, December 2008.

  14. Miyazaki, S. and Okamoto, K.
    Improving the Competitive Ratio of the Online OVSF Code Assignment Problem
    Proc. 19th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2008)
    (Lecture Notes in Computer Science 5369),
    pp. 64-76, Dec., 2008. (Gold Coast, Australia)

  15. 宮崎修一
    安定マッチング問題に対する近似アルゴリズム,
    京都大学学術情報メディアセンターセミナー, 2009年1月27日.

  16. Naoyuki Kamiyama, Yuuki Kiyonari, Eiji Miyano, Shuichi Miyazaki, and Katsuhisa Yamanaka
    Computational Complexities of University Interview Timetabling
    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E92-D No.2
    pp.130-140, February 2009.

  17. 岡本和也,宮崎修一
    オンラインOVSF符合割当問題における競合比の上下限の改良
    電子情報通信学会 総合大会 DS-1-6, March, 2009. (愛媛大学,松山市)

2009年度(平成21年度)

  1. S. Miyazaki, N. Morimoto and Y. Okabe
    An Optimal Online Algorithm for the Graph Exploration Problem on Unweighted Graphs
    Proc. 2nd Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC),
    p.45, April 2009 (Hangzhou, China).

  2. 濱田浩気,宮崎修一,岩間一雄,
    配属人数下限付き研修医配属問題
    京都大学数理解析研究所講究録1649 「理論計算機科学の深化と応用」(冬のLAシンポジウム)
    pp. 73-80, May, 2009 (発表は2009年2月). (京都大学,京都市)

  3. 宮崎修一
    アルゴリズム入門,
    基礎教養セミナー,和歌山大学システム工学部, 2009年6月26日. (和歌山大学, 和歌山市)

  4. Miyazaki, S. and Okamoto, K.,
    Improving the Competitive Ratio of the Online OVSF Code Assignment Problem,
    MDPI Algorithms, Vol. 2, Issue 3, pp. 953-972, July 2009.

  5. Keita Shimizu, Shuichi Miyazaki, and Yasuo Okabe,
    Design and Implementation of a Certified Mail Exchange System Using Simultaneous Secret Exchange,
    The 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2009),
    pp. 37-42, July 2009. (Seattle, USA)

  6. 宮崎修一,
    コンピュテーション研究の最前線 --- 安定マッチング問題の研究動向 ---
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌 第14巻 第2号,
    pp. 6-7,2009年8月号.

  7. Koji Kobayashi, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe
    Competitive buffer management for multi-queue switches in qos networks using packet buffering algorithms
    Proc. 21st ACM Symposium on Parallelism in Algorithms and Architectures (SPAA 2009)
    pp. 328-336, August 2009. (Calgary, Canada)

  8. Hamada, K., Iwama, K. and Miyazaki, S.
    An Improved Approximation Lower Bound for Finding Almost Stable Maximum Matchings
    Information Processing Letters, Vol.109, Issue 18, pp. 1036-1040 , August 2009.

  9. S. Miyazaki, N. Morimoto and Y. Okabe
    The Online Graph Exploration Problem on Restricted Graphs
    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Volume E92-D No.9
    pp.1620-1627, September 2009.

  10. 宮崎修一
    安定マッチング問題に関する最近の話題(招待講演)
    信学技報,Vol.109, No.211, AI2009-12
    (電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会)
    pp.19-22, September 2009. (京都大学,京都市)

  11. 濱田浩気,宮崎修一,岩間一雄,
    最大サイズ最大安定度マッチング問題に対する近似下限の改良
    信学技報,Vol.109, No.235, COMP2009-37
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.35-40, Oct., 2009. (東北大学,仙台市)

  12. Asahiro, Y., Miyano, E., Miyazaki, S. and Yoshimuta, T.
    Weighted Nearest Neighbor Algorithms for the Graph Exploration Problem on Cycles
    Information Processing Letters, Vol.110, Issue 3, pp. 93-98, January 2010.

  13. 福田剛士,宮崎修一,岡部寿男,
    枝コストに制限を加えた k-Canadian Traveller Problem の競合比解析
    信学技報,Vol.109, No.391, COMP2009-39
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.1-8, Jan., 2010. (九州大学西新プラザ,福岡市)

  14. 森本尚之, 宮崎修一,岡部寿男,
    2部グラフ上での分担供給可能な割当て制限付き資源配分問題
    電子情報通信学会 総合大会 BS-8-11, pp.S154-S155, March, 2010. (東北大学,仙台市)

2010年度(平成22年度)

  1. 宮崎修一
    「離散数学のすすめ」(第17章 安定結婚問題(pp. 232-245)を担当), 伊藤大雄, 宇野裕之 編著, 現代数学社, 2010年5月15日刊行.

  2. 宮崎修一
    アルゴリズム入門,
    基礎教養セミナー,和歌山大学システム工学部, 2010年5月21日. (和歌山大学, 和歌山市)

  3. 柳澤弘揮,宮崎修一,岩間一雄,
    片方のみがタイを持つ安定結婚問題に対する25/17-近似アルゴリズム
    京都大学数理解析研究所講究録1691 「アルゴリズムと計算機科学の数理的基盤とその応用」(冬のLAシンポジウム)
    pp. 136-141, June, 2010 (発表は2010年2月). (京都大学,京都市)

  4. Iwama, K., Miyazaki, S., and Yanagisawa, H.
    A 25/17-approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem with One-sided Ties,
    IBM Research Report RT0913, 2010.

  5. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    A 25/17-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem with One-Sided Ties
    Proceedings of the 18th Annual European Symposium on Algorithms (ESA 2010)
    (Lecture Notes in Computer Science 6347)
    pp. 135-146, Sep., 2010. (Liverpool, UK)

  6. Miyazaki, S. and Okamoto, K.,
    Improving the Competitive Ratios of the Seat Reservation Problem
    Proceedings of the 6th IFIP TC1/WG2.2, International Conference (IFIP/TCS 2010)
    pp. 328-339, Sep., 2010. (Brisbane, Australia)

  7. Shuichi Miyazaki,
    Approximation Algorithms for Stable Marriage Problems,
    NIMS seminar, National Institute for Mathematical Sciences (NIMS), Korea, 2010年10月14日.

  8. Shuichi Miyazaki,
    Approximation Algorithms for Finding Maximum Stable Matchings,
    KAIST Discrete Math Seminar, Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST), 2010年10月15日.

  9. Shuichi Miyazaki,
    Competitive Analysis of Online Algorithms,
    NIMS seminar, National Institute for Mathematical Sciences (NIMS), Korea, 2010年10月19日.

  10. 石橋聡, 宮崎修一, 岡部寿男,
    第三者機関の仲介を必要としない配達証明付き電子メールシステムの設計,
    信学技報, Vol. 110, no. 304, IA2010-54 (電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会),
    pp. 19-24, 2010年11月. (清里 清泉寮,山梨県北杜市)

  11. 岡本和也,宮崎修一,
    座席予約問題における競合比の上下限の改良,
    信学技報,Vol.110, No.325, COMP2010-45
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.45-51, Dec., 2010. (九州工業大学 Kyutechプラザ,福岡市)

  12. 宮崎修一
    最大安定マッチングを求める近似アルゴリズム
    日本オペレーションズリサーチ学会 九州支部総会
    2010年12月4日. (九州大学 創造パビリオン,福岡市)

  13. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Approximation Algorithms for the Sex-Equal Stable Marriage Problem
    ACM Transactions on Algorithms, Vol. 7, Issue 1, Article No. 2, November 2010.

2011年度(平成23年度)

  1. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Improved Approximation Bounds for the Student-Project Allocation Problem with Preferences over Projects
    Proceedings of the 8th Annual Conference on Theory and Applications of Models of Computation (TAMC 2011)
    (Lecture Notes in Computer Science 6648)
    pp. 440-451, May, 2011. (Tokyo, Japan)

  2. Takao Inoshita, Robert W. Irving, Kazuo Iwama, Shuichi Miyazaki, and Takashi Nagase
    Improving Man-Optimal Stable Matchings by Minimum Change of Preference Lists
    Proceedings of the 7th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications (HJ 2011)
    pp. 309-313, May-June, 2011. (Kyoto, Japan)

  3. Satoshi Ishibashi, Shuichi Miyazaki, and Yasuo Okabe,
    Design and Implementation of a Certified Document Delivery System without a Trusted Intermediate Authority,
    The 2011 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011),
    pp. 20-26, July 2011. (Munich, Germany)

  4. Hamada, K., Iwama, K. and Miyazaki, S.
    The Hospitals/Residents Problem with Quota Lower Bounds
    Proceedings of the 19th Annual European Symposium on Algorithms (ESA 2011)
    (Lecture Notes in Computer Science 6942)
    pp. 180-191, September 2011. (Saarbrucken, Germany)

  5. 森本尚之,宮崎修一,岡部寿男
    分散型電源を持つ電力ネットワークにおける資源配分問題
    平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, F-14, September 2011. (大阪大学中之島センター,大阪市)

  6. 宮崎修一
    「数理工学事典」(第V章 4.3節「分割統治法(pp. 433-434)」, 4.4節「乱択アルゴリズム」(pp. 435-436)を担当),
    茨木俊秀・片山徹・藤重悟 監修, 太田快人・酒井英昭・高橋豊・田中利幸・永持仁・福島雅夫 編集, 朝倉書店, 2011年11月15日刊行.

2012年度(平成24年度)

  1. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    Improved Approximation Bounds for the Student-Project Allocation Problem with Preferences over Projects
    Journal of Discrete Algorithms, Vol. 13, pp. 59-66, May 2012.

  2. 高見好男,平田光英,富浦雅雄,西村知子,四方敏明,宮崎修一,古村隆明,岡部寿男,
    京都大学学術情報ネットワークシステム接続機器管理システム「KUINS-DB」の更新
    全国共同利用情報基盤センター 研究開発論文集,No.34
    pp.53-57, Nov., 2012. (京都大学,京都市)

  3. 井下貴雄, Robert W. Irving, 宮崎修一, 岩間一雄, 永瀬高志,
    希望リスト変更による男性最良安定マッチングの改善,
    電子情報通信学会2013年総合大会 DS-1-1, 2013年3月19日.(岐阜大学,岐阜市)

2013年度(平成25年度)

  1. Takao Inoshita, Robert W. Irving, Kazuo Iwama, Shuichi Miyazaki, Takashi Nagase
    Improving Man-Optimal Stable Matchings by Minimum Change of Preference Lists
    Proc. 6th Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC),
    p.18, April 2013. (Matsushima, Japan)

  2. Takao Inoshita, Robert W. Irving, Kazuo Iwama, Shuichi Miyazaki, Takashi Nagase
    Improving Man-Optimal Stable Matchings by Minimum Change of Preference Lists
    MDPI Algorithms, Vol. 6, Issue 2, pp. 371-382, May 2013.

  3. 宮崎修一
    安定マッチング問題に対するアルゴリズム論的アプローチ(招待講演)
    Summer Workshop on Economic Theory (SWET 2013)
    2013年8月9日. (小樽商科大学 札幌サテライト大講義室, 札幌市)

  4. 宮崎修一
    安定マッチング問題
    情報処理学会誌, Vol.54, No.10, 通巻583号, pp. 1064-1071, 2013年10月号.

  5. Minseon Lee, Shuichi Miyazaki, and Kazuo Iwama
    Finding Witnesses for Stability in the Hospitals/Residents Problem
    平成25年度情報処理学会関西支部支部大会, B-02, 2013年9月25日. (大阪大学中之島センター,大阪市)(学生奨励賞受賞)

  6. 津崎善晴,松本亮介,小谷大祐,宮崎修一,岡部寿男
    電子メールの大量送信を選択的に制限する中継システム
    平成25年度情報処理学会関西支部支部大会, E-23, 2013年9月25日. (大阪大学中之島センター,大阪市)(学生奨励賞受賞)

  7. 宮崎修一
    安定マッチング問題に対する近似アルゴリズム(招待講演)
    第25回RAMPシンポジウム論文集, pp. 30-45, 2013年10月29日.(鹿児島大学,鹿児島市).

  8. Yoshiharu Tsuzaki, Ryosuke Matsumoto, Daisuke Kotani, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe,
    A Mail Transfer System Selectively Restricting a Huge Amoount of E-mails
    Workshop on Resilient Internet based Systems (REIS 2013), pp. 896-900, Dec. 2013. (Kyoto, Japan)

  9. Jun Kawahara, Koji M. Kobayashi, Shuichi Miyazaki,
    Better Bounds for Online k-Frame Throughput Maximization in Network Switches,
    Proc. 24th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2013)
    (Lecture Notes in Computer Science 8283),
    pp. 218-228, Dec., 2013. (Hong-Kong)

  10. 森本尚之,宮崎修一,岡部寿男,
    容量制約を持つ割当制限付き複数ナップザック問題,
    2013年度冬のLAシンポジウム,2014年1月30日.(京都大学,京都市)

  11. Iwama, K., Miyazaki, S. and Yanagisawa, H.
    A 25/17-Approximation Algorithm for the Stable Marriage Problem with One-Sided Ties
    Algorithmica, Volume 68, Issue 3, pp. 758-775, March 2014.

  12. 津崎善晴,松本亮介,小谷大祐,宮崎修一,岡部寿男,
    同一の送受信アドレスを持つ大量メールの効率的判定手法,
    信学技報, Vol. 113, no. 443, IA2013-87 (電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会),
    pp. 61-66, 2014年2月. (山代温泉 瑠璃光,石川県加賀市)

2014年度(平成26年度)

  1. 宮崎修一,
    近似アルゴリズムと安定マッチング,
    京都大学経済研究所 ミクロ経済学・ゲーム理論研究会,2014年4月3日. (京都大学,京都市)

  2. 小林浩二,川原純,宮崎修一,
    オンラインフレーム転送量最大化問題における競合比の改良,
    信学技報,Vol.114, No.19, COMP2014-6
    (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
    pp.37-44, April, 2014. (東北大学,仙台市)

  3. 畠山貴行,宮崎修一
    マジックプロトコルを用いたP2P環境での公正なネットワークブラックジャック
    平成26年度情報処理学会関西支部支部大会, D-01, 2014年9月17日. (大阪大学中之島センター,大阪市)

  4. 山崎朋哉,宮崎修一
    公開鍵暗号を用いたP2P型ネットワーク麻雀将棋
    平成26年度情報処理学会関西支部支部大会, D-02, 2014年9月17日. (大阪大学中之島センター,大阪市)

  5. 宮崎修一
    賢いアルゴリズムを使って、問題を高速に解こう 〜アルゴリズム理論、P≠NP予想、安定結婚問題〜
    宮崎大宮高校出前授業,2014年10月4日. (宮崎大宮高校,宮崎市)

  6. Miyazaki, S.
    On the Advice Complexity of Online Bipartite Matching and Online Stable Marriage
    Information Processing Letters, Vol.114, Issue 12, pp. 714-717, December 2014.

  7. Minseon Lee, Shuichi Miyazaki, and Kazuo Iwama,
    Finding Witnesses for Stability in the Hospitals/Residents Problem,
    Journal of Information Processing, Vol. 23, No. 2, pp. 202-209, March 2015.

  8. Andrew Lee, 宮崎修一, 岡部寿男,
    複数VLAN埋め込みのための貪欲アルゴリズムの評価,
    信学技報, vol. 114, no. 495, IA2014-105 (電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会),
    pp. 143-147, 2015年3月. (小名浜オーシャンホテル,福島県いわき市)

  9. Andrew Lee, 宮崎修一, 岡部寿男,
    複数VLAN埋め込みのための最少直径複数スタイナー木問題,
    第77回情報処理学会全国大会, 4W-09, 2015年3月. (京都大学,京都市)

2015年度(平成27年度)

  1. Shuichi Miyazaki, Naoyuki Morimoto and Yasuo Okabe,
    Approximability of Two Variants of Multiple Knapsack Problems,
    Proc. 9th International Conference on Algorithms and Complexity (CIAC 2015)
    (Lecture Notes in Computer Science 9079),
    pp. 365-376, May, 2015. (Paris, France)

  2. 宮崎修一,
    グラフ理論入門 〜基本とアルゴリズム〜, 森北出版株式会社, 2015年6月

  3. 宮崎修一,
    コンピュータサイエンスの数学 〜アルゴリズム理論、安定結婚問題、P≠NP予想〜
    京都大学サマースクール2015, 2015年8月20日

  4. Chien-Chung Huang, Kazuo Iwama, Shuichi Miyazaki, Hiroki Yanagisawa,
    A Tight Approximation Bound for the Stable Marriage Problem with Restricted Ties,
    Proc. the 18th International Workshop on Approximation Algorithms for Combinatorial Optimization Problems (APPROX 2015),
    pp. 361-380, August 2015. (Princeton, USA)

  5. 大月 仁志, 森本 尚之, 宮崎 修一, 岡部 寿男,
    整数計画を用いたシュタイナー木詰め込み問題の解法とその実験的評価,
    平成27年度情報処理学会関西支部支部大会 B-02, 2015年9月28日. (大阪大学中之島センター,大阪市)

  6. 藤井 海斗, 森本 尚之, 宮崎 修一, 岡部 寿男,
    割当制約つき複数ナップサック問題に対する近似アルゴリズムの実験的評価,
    平成27年度情報処理学会関西支部支部大会 B-03, 2015年9月28日. (大阪大学中之島センター,大阪市)

  7. Shuichi Miyazaki, "Stable Marriage Problem",
    Chapter 17 of Handbook of Graph Theory, Combinatorial Optimization, and Algorithms,
    Edited by Krishnaiyan "KT" Thulasiraman, Subramanian Arumugam, Andreas Brandstadt, and Takao Nishizeki,
    CRC Press, pp. 403-418, December 2015.

  8. 宮崎修一,
    安定マッチングを利用した配属システムの研究,
    京都大学第10回ICTイノベーション, 2016年2月23日 (京都大学,京都市).

  9. Hamada, K., Iwama, K. and Miyazaki, S.
    The Hospitals/Residents Problem with Lower Quotas,
    Algorithmica, Volume 74, Issue 1, pp. 440-465, January 2016.

2016年度(平成28年度)

  1. Iwama, K. and Miyazaki, S.
    Stable Marriage with Ties and Incomplete Lists
    Encyclopedia of Algorithms (2nd Edition), Springer, pp. 2071-2075, May 2016.

  2. Sushmita Gupta, Kazuo Iwama, and Shuichi Miyazaki
    Total Stability in Stable Matching Games
    Proc. the 15th Scandinavian Symposium and Workshops on Algorithm Theory, (SWAT 2016),
    pp. 23:1-23:12, June 2016. (Reykjavik, Iceland)

  3. 宮崎修一,
    コンピュータサイエンスの数学 〜アルゴリズム理論、安定結婚問題、P≠NP予想〜
    京都大学サマースクール2016, 2016年8月19日

  4. Jun Kawahara, Koji M. Kobayashi, and Shuichi Miyazaki,
    Better Bounds for Online k-frame Throughput Maximization in Network Switches
    Theoretical Computer Science, Vol. 657, pp. 173-190, January, 2017.

  5. Yoshiyuki Mihara, Shuichi Miyazaki, Yasuo Okabe, Tetsuya Yamaguchi, and Manabu Okamoto
    Identifying Link Layer Home Network Topologies Using HTIP,
    14th Annual IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC 2017),
    pp. 892-899, Jan. 2017. (Las Vegas, USA)

  6. 宮崎修一,
    安定マッチング問題を利用した配属アルゴリズムの研究,
    京都大学第11回ICTイノベーション, 2017年2月23日 (京都大学,京都市).

2017年度(平成29年度)

  1. Koji M. Kobayashi, Shuichi Miyazaki, and Yasuo Okabe,
    Competitive Buffer Management for Multi-queue Switches in QoS Networks Using Packet Buffering Algorithms
    Theoretical Computer Science, Vol. 675, pp. 27-42, May, 2017.

  2. 石田保輝, 宮崎修一,
    アルゴリズム図鑑 〜絵で見てわかる26のアルゴリズム〜, 翔泳社, 2017年6月

  3. 宮崎修一,
    コンピュータサイエンスの数学 〜アルゴリズム理論、安定結婚問題、P≠NP予想〜
    京都大学サマースクール2017, 2017年8月11日

  4. 岡本和也,宮崎修一,
    希望リストを複数持つ安定マッチング問題
    情処研報,Vol.2017-AL-165, No.15
    (情報処理学会アルゴリズム研究会)
    pp.1-8, November 2017. (日立中央研究所,東京都国分寺市)

  5. 岡本君のISAAC