トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Probabilistic Method 輪講

Alon and Spencer, Probabilistic Method の輪講に関するページです。

開催日時 2007/5/11〜

日時 担当 担当箇所 スライドなど
5/11 脊戸 ch 1 *chap1.ppt
5/18 木下 ch 2(1-2) *chap2.1-2.2.ppt
5/18 高井 ch 2(3-4) *chap2.3-2.4.ppt
5/18 照山 ch 2(5-6) *probabilistic2.5-2.6.ppt
5/25 市場 ch 3(1-3) *chap3.1-3.3.ppt
5/25 吉永 ch 3(4-5) *chap3.4-3.5.ppt
6/22 ch 3(6) *3.6.ppt
6/8 濱田 ch 4(1-2) *chap4.1-4.2.ppt
6/8 吉田 ch 4(3-4) *chap4.3-4.4.ppt
6/22 中島 ch 4(5-6) *chap4.5-4.6.ppt
6/22 川原 ch 4(7) 作成中
7/4 門下 ch 5(1-2) *chap5.1-5.2.ppt
7/4 岡本 ch 5(3-4) *chap5.3-5.4.ppt
7/17 杉原 ch 5(5) *chap5.5.ppt
9/28 川原 ch 5(7) 作成中
10/5 高井 ch 6(1-2) *chap6-1.2.ppt
10/5 照山 ch 6(3-4) *chap6.3-6.4.ppt
10/5 木下 ch 7(1-2) *chap7.1-7.2.ppt
10/12 門下 ch 7(3) *chap7.3.ppt
10/12 杉原 ch 7(4) *chap7.4.ppt
10/19 川原 ch 7(5) *chap7.5.ppt
10/19 吉田 ch 7(6) *chap7.6.pptx
10/26 ch 7(7) *chap7.7.ppt
10/26 濱田 ch 8(1-2) *chap8.1-8.2.ppt
11/2 門下 ch 7(8) *chap7.8.ppt
11/2 市場 ch 8(3) *chap8.3.ppt

上記のスライドのうち、*印がついているものについては、NYSDLライセンスが適用されています。コピー、転載などを含め、ご自由にお使いください。(スライドをアップロードする人はNYSDLライセンスを適用するかを決めてください。強制ではありませんが、適用してくださるとありがたいです。)

*印がついていないものに関しては作者本人にお問い合わせください。

参考リンク

http://tmasada2.hp.infoseek.co.jp/link01.html

↑テキストの内容に近い話

セミナーの準備のしかたについて