トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

PowerPoint Tips 100の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
PowerPoint の Tips を紹介していきます。

紹介している他にも Tips を知っている人は追加してもらえるとありがたいです。

!! 下付き文字、上付き文字を簡単につける

x_1 や x^2 などの添え字を設定するボタンは、デフォルトではツールバーに表示されていません。このボタンを表示させておくと便利です。

[ツール] -> [ユーザ設定] -> [コマンド]タブ -> 分類[書式] に「下付き」と「上付き」の項目があるので、ドラッグ&ドロップで好きなツールバーに追加する。

(下付きや上付きにすると文字のサイズが縮小されるので、そこだけ文字サイズを40ptぐらいにするとなお良し。)

また、ショートカットキーも便利です。
Ctrl+Shift++で上付き、Ctrl+;で下付きです。
(英語配列だと、それぞれCtrl+Shift+'+'、Ctrl+'='ですね。)
また、Ctrl+Shift+<やCtrl+Shift+>で文字サイズの変更も出来ます。

!! ページの移動を簡単にする

スライドショー中に、ページを1ページ戻るのに右クリックでメニューを出して「前へ」を選ぶ人がいるが、そんなことをしなくても「←」キーで戻れる。
スライドショー中に、ページを1ページ戻るのに右クリックでメニューを出して「前へ」を選ぶ人がいるが、もっと簡単に、「←」キー1押しで戻れる。

(「Backspace」でも戻れるよ。)

さらに、例えば最初のページに戻るには「1」キーを押してから Enter キーを押せば、1ページに飛ぶ。この方法で最後のページに飛ぶためにはページ数を覚えておかなければならないという欠点を持つ。
さらに、例えば最初のページに戻るには「1」キーを押してから Enter キーを押せば、1ページに飛ぶ。「99」と押せば最後のページに飛ぶ(スライドのページ数が100ページ以上でなければ)。

(「Home」で最初に、「End」で最後に行けるよ。)

!! オブジェクトの属性コピー
オブジェクトをCtrl-Cでコピー、Ctrl-Vで貼り付けはご存知かと思います。
実は、オブジェクトの一部の属性だけをCtrl+Shift+Cでコピー、Ctrl+Shift+Vで他のオブジェクトに適用できます。
コピーされる属性は、'''線種、色'''などだけです。
前者のオブジェクト複製ですと、'''オブジェクトのテキスト、アニメーション、形、傾き'''なども全て複製されますので、その時々で使い分けると便利かもです。