トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

勉強・研究に関するアドバイスの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!必要な知識

!!学部生〜修士課程入学時
基本的な数学の論証力・証明力, 離散数学の初歩 (集合とグラフ, 数え上げ, 確率), アルゴリズム理論と計算理論の基礎が必要である. 修士課程入学時までに, 下記リンク先の授業程度の内容を修得していることが望ましい.
*[Mathematics for Computer Science|http://ocw.mit.edu/courses/electrical-engineering-and-computer-science/6-042j-mathematics-for-computer-science-fall-2010/] (MIT OpenCourseWare)
*[Introduction to Algorithms|http://ocw.mit.edu/courses/electrical-engineering-and-computer-science/6-046j-introduction-to-algorithms-sma-5503-fall-2005/] or [Design and Analysis of Algorithms|https://ocw.mit.edu/courses/electrical-engineering-and-computer-science/6-046j-design-and-analysis-of-algorithms-spring-2015/] (MIT OpenCourseWare)
*[Automata, Computability, and Complexity|http://ocw.mit.edu/courses/electrical-engineering-and-computer-science/6-045j-automata-computability-and-complexity-spring-2011/] (MIT OpenCourseWare)

参考までに, 類似内容を扱っている日本語の教科書を挙げておく.
*嘉田勝, ``論理と集合から始める数学の基礎,'' 日本評論社.
*Seymour Lipschutz (著), 成嶋弘 (翻訳), ``離散数学―コンピュータサイエンスの基礎数学," オーム社.
*浅野孝夫, ``離散数学―グラフ・束・デザイン・離散確率,'' サイエンス社.
*J. マトウシェク, J. ネシェトリル (著), 根上生也, 中本敦浩 (翻訳), ``離散数学への招待 (上)(下),''  シュプリンガー・フェアラーク東京.
*グンナー ブロム, デニス サンデル, ラルス ホルスト (著), 森真 (翻訳), ``確率論へようこそ,'' シュプリンガー・フェアラーク東京.
*Paul Zeitz (著), 山口文彦, 松崎公紀, 三橋泉, 松永多苗子, 伊知地宏 (翻訳), ``エレガントな問題解決 ―柔軟な発想を引き出すセンスと技,'' オライリージャパン.
*T. コルメン, R. リベスト, C. シュタイン, C. ライザーソン (著), 浅野哲夫, 岩野和生, 梅尾博司, 山下雅史, 和田幸一 (翻訳), ``アルゴリズム・イントロダクション 第1〜3巻,'' 近代科学社.
*Jon Kleinberg, Eva Tardos (著), 浅野孝夫, 浅野泰仁, 小野孝男, 平田富夫 (翻訳), ``アルゴリズムデザイン,'' 共立出版.
*Michael Sipser (著), 太田和夫, 田中圭介, 阿部正幸, 植田広樹, 藤岡淳, 渡辺治 (翻訳), ``計算理論の基礎 第1〜3巻,'' 共立出版.

!!修士課程入学以降
(1) 各自の専門分野の標準的な教科書を読み, 分野を体系的に理解する. 例えば
*計算理論: S. Arora, B. Barak, ``Computational Complexity: A Modern Approach," Cambridge University Press.
*近似アルゴリズム: 
** Vijay V. Vazirani, ``Approximation Algorithms,'' Springer.
** David P. Williamson, David B. Shmoys, ``The Design of Approximation Algorithms,'' Cambridge University Press.
*オンラインアルゴリズム: Allan Borodin and Ran El-Yaniv, ``Online Computation and Competitive Analysis,'' Cambridge University Press.
*乱択アルゴリズム: Rajeev Motwani, Prabhakar Raghavan, ``Randomized Algorithms,'' Cambridge University Press.
など. 教科書がない分野の場合, 講義録やサーベイ論文・代表的な論文を一通り読む. 

(2) 解析力を強化するには, 特定の手法について書かれた教科書等を読む. 例えば,

*確率的手法: 
** Michael Mitzenmacher, Eli Upfal, ``Probability and Computing: Randomized Algorithms and Probabilistic Analysis,'' Cambridge University Press.
** Noga Alon, Joel H. Spencer, ``The probabilistic method,'' Wiley-Interscience. 
*組合せ最適化: Bernhard Korte, Jens Vygen, ``Combinatorial Optimization: Theory and Algorithms,'' Springer.
*極値組合せ論: Stasys Jukna, ``Extremal Combinatorics: With Applications in Computer Science,'' Springer.
など. 

(3) 後は, 必要や興味に応じて専門書・論文を読んでいけばよい. 
図書館や書店で探す, 読んだ文献や授業の参考文献からたどる, もしくはオンラインで見つけることもできる. 以下の解説も参照.
*[専門知識の仕入れ方|http://research.preferred.jp/2011/09/how-to-learn/] (吉田悠一)
論文の探し方については, 後述する (研究の仕方->論文の探し方).

!!!勉強の仕方
!!教科書・論文の読み方
*[セミナーの準備のしかたについて|http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/sem.htm] (河東泰之)
*論文の精読方法
++ 論文の結果を理解する: 必要な概念・定義を厳密に理解する。わからなければ教科書や参考文献を調べる。
++ 論文の位置づけを理解する: 背景・動機・目的・結果・手法・結論・既存研究や後続研究との関係を理解する。Introductionで引用されている参考文献は一通り参照する。未知の概念・定義は教科書や参考文献で調べる。後続研究はgoogle scholarなどで発見できる。
++ 結果の証明を粗く理解する: 主要なアイデアを理解する。全体の証明の流れを理解する。
++ 結果の証明を詳細に理解する: 必要な概念・定義・既知の結果を厳密に理解する。定理・命題・補題の関係を把握する。論理や計算のギャップを埋める。

!!技術(数学)英語に慣れる
(1) ブログやフォーラムを見る.
*[Computational Complexity|http://blog.computationalcomplexity.org/]
*[Godel's Lost Letter and P=NP|http://rjlipton.wordpress.com/]
*[Theoretical Computer Science - Stack Exchange|http://cstheory.stackexchange.com/]
*[Not so Great Ideas in Theoretical Computer Science|http://mittheory.wordpress.com/]
*[Theory of Computing Blog Aggregator|http://feedworld.net/toc/]

(2) ビデオ講義を視聴する.
*[Coursera|https://www.coursera.org/]
*[MIT OpenCourseWare|http://ocw.mit.edu/courses/audio-video-courses/]
*[Simons Institute|http://www.youtube.com/user/SimonsInstitute]
*[Videos at IAS|http://video.ias.edu/]

!!英語学習
*[英語上達完全マップ|http://mutuno.o.oo7.jp/]
*[TOEIC 900点&英会話上達をめざす!|http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/]
*[英語耳|http://eigo33.com/]
*[ナマ英語.com|http://www.namaeigo.com/]
*[ENGLISH ROOM 411|http://www.englishroom411.com/]
*[海外ドラマで英語学習|http://www5a.biglobe.ne.jp/~dabomb/english_overseas_dramas.htm]
*[SSS英語学習法|http://www.seg.co.jp/sss/]
*[数式の読み方,大学で学ぶ数学公式|http://www.comp.tmu.ac.jp/yosihiro/teaching/how-to-read.pdf]
*[英数字数式の読み方、および用語集|http://www.erp.sophia.ac.jp/Projects/ese/HowToReadAndGlossary.pdf]

!!!研究の仕方
「自分の研究において学士は学校で一番を目指せ。 修士は日本で一番を目指せ。 博士は世界で一番を目指せ。」(by 白川英樹?)

全般的なアドバイスは, 以下のリンク先
*[研究読本 (pdf)|http://www.it.ss.titech.ac.jp/uyematsu/howtoresearch.pdf] (植松友彦)
*[研究方法|http://www.wakayama-u.ac.jp/~kazama/lab/research-approach.html] (風間一洋)
*[Career advice|http://terrytao.wordpress.com/career-advice/] (Terrence Tao)
及び, 以下の書籍
*伊原康隆, ``志学数学―研究の諸段階・発表の工夫,'' シュプリンガーフェアラーク東京.
*中田亨, ``理系のための「即効!」卒業論文術,'' 講談社.
など参照.

研究倫理については以下を参照.
*[科学者の行動規範 (pdf)|http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-s168-1.pdf]
*[研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン|http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/08/1351568.htm]

!!問題解決
*[金出武雄の「問題解決の7か条」|http://mec.gr.jp/INTER/kanade/kanade1.html]
*[問題解決手法の紹介|http://fk-plaza.jp/Solution/solution_Top.htm]
*[問題解決|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA] (Wikipedia)
*G. ポリア (著), 柿内賢信 (翻訳), ``いかにして問題をとくか,'' 丸善.

!!論文の探し方
今読んでいる論文の参考文献を辿るか,以下の様な論文検索サイトから探す.
* [Google Scholar|http://scholar.google.co.jp/]
* [Microsoft Academic Search|http://academic.research.microsoft.com/]

!!研究テーマの例
*[計算量理論|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%88%E7%AE%97%E8%A4%87%E9%9B%91%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96]
*[量子計算|https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF]
*[厳密指数時間アルゴリズム/パラメータ化計算量|http://www.slideshare.net/wata_orz/ss-12131479]
*[近似アルゴリズム (pdf)|http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~shuichi/algintro/alg-8s.pdf]
*[準線形時間アルゴリズム/性質検査 (pdf)|http://www-erato.ist.hokudai.ac.jp/html/php/kickoff_docs/ito.pdf]
*[オンラインアルゴリズム (pdf)|http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~shuichi/algintro/alg-9s.pdf]/[ストリームアルゴリズム|http://en.wikipedia.org/wiki/Streaming_algorithm]
*[アルゴリズム的ゲーム理論|http://en.wikipedia.org/wiki/Algorithmic_game_theory]/[メカニズムデザイン|http://www.al.ics.saitama-u.ac.jp/horiyama/shoukai/#auction]
*[グラフ(ネットワーク)アルゴリズム|http://www.slideshare.net/iwiwi/ss-11008471]/[グラフ理論|https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E7%90%86%E8%AB%96]
*[安定結婚問題 (pdf)|http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~shuichi/algintro/alg-12s.pdf]
*[娯楽数学 (pdf)|http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~shuichi/algintro/alg-11s.pdf]
*[離散数学全般|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E6%95%A3%E6%95%B0%E5%AD%A6]
*[アルゴリズム工学・実験|http://en.wikipedia.org/wiki/Algorithm_engineering]

!!研究テーマの決め方
+問題駆動型: 「解きたい問題があり,その問題の構造を見ることでアルゴリズム設計指針を得て,その指針に従ってアルゴリズムを設計・解析する」
+アルゴリズム駆動型:「一般的なアルゴリズム設計指針を提案し,それを個別の問題に適用する」
+解析手法駆動型:「一般的な解析手法を提案し,それを個別の問題・アルゴリズムの解析に適用する」
**[確率的方法|http://en.wikipedia.org/wiki/Probabilistic_method]: Alon-Spencerの本, Dubhashi-Panconesiの本, 統計物理
**[情報理論|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E7%90%86%E8%AB%96]的方法: [Information theory in computer science|http://www.cs.princeton.edu/courses/archive/fall11/cos597D/]
**代数的方法: 代数的組合せ論, 〜符号理論, 多項式方法, Babai-Franklの本
**解析的方法: 解析的組合せ論, 行列解析(スペクトラル法), 離散Fourier解析
**幾何的方法: 距離空間の埋め込み
**組合せ論的方法: 数え上げ〜, 加法的〜, 極値〜

以下も参照のこと.
*[計算幾何学でいかに論文を書くか (pdf)|http://www.jaist.ac.jp/~t-asano/kaisetsu/ieice2009.pdf] (浅野哲夫)
*[組合せ最適化理論の三次元描像 (pdf)|http://dopal.cs.uec.ac.jp/okamotoy/PDF/2008/comb3d.pdf] (岡本吉央)

!!!発表の仕方
*[プレゼンテーションの技を磨こう|http://www.al.ics.saitama-u.ac.jp/horiyama/presentation.html] (堀山貴史)
*[発表練習のやり方がわからない人向け簡易講座|http://d.hatena.ne.jp/next49/20100206] (発声練習)
*[卒業論文・修士論文 プレゼンテーションの心得 |http://keigomi29.hatenablog.com/entry/2014/02/11/140251]
*[見やすいプレゼン資料の作り方|http://www.slideshare.net/yutamorishige50/ss-41321443]
*[伝わるデザイン|http://tsutawarudesign.web.fc2.com/]
*[色彩センスのいらない配色講座|http://blog.livedoor.jp/marippe_blog/archives/66765863.html]
*[卒論作成・プレゼンに役立つ本 (pdf)|http://www.libra.titech.ac.jp/news/pdf/soturon_tenji.pdf]
*[数理助教の会|http://jokyos.blogspot.jp/] (よいスライドの例)

!!!論文の書き方
*[証明|http://d.hatena.ne.jp/okamoto7/20130131#p1] (岡本吉央)
*[論文の書き方|http://ymatsuo.com/japanese/matsuogumi.html] (松尾ぐみ)
*[技術文書の書き方|http://www.jaist.ac.jp/~uehara/etc/tech/index.html] (上原隆平)
*[研究室の学生のみなさまへ|http://www.aise.ics.saitama-u.ac.jp/~gotoh/FrontPage.html]  (後藤祐一)
*[これから論文を書く若者のためのお経集|http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/kyo.html] (酒井聡樹)
*[やればできる 卒業論文の書き方|http://www015.upp.so-net.ne.jp/notgeld/sotsuron.html] (中田亨)
*[卒業論文第0稿を1日ででっち上げる法|http://d.hatena.ne.jp/next49/20101205/p2] (発声練習)
*[アカデミック・ライティング|http://www.osakafu-u.ac.jp/library/skillup/acw/index.html]
*[数学の常識・非常識-由緒正しいTEX入力法|http://www.math.tohoku.ac.jp/tmj/oda_tex.pdf]
*[The Grammar According to West|http://www.math.uiuc.edu/~west/grammar.html] (Douglas B. West)
*[On writing|http://terrytao.wordpress.com/advice-on-writing-papers/] (Terrence Tao)

!!!学会の探し方
締切り関係
*[Conference Search|http://www.confsearch.org/confsearch/faces/pages/topic.jsp?topic=Theory&sortMode=1&graphicView=1]
*[CS Theory Conferences Information|http://www.cs.tau.ac.il/~iftgam/eventlist.htm]

ランキング/学会リスト
*[MS Academic Searchによるランキング|http://academic.research.microsoft.com/RankList?entitytype=3&topdomainid=2&subdomainid=1&last=0]
*[TCS Conferences and Workshops from stackexchange|http://cstheory.stackexchange.com/questions/7900/list-of-tcs-conferences-and-workshops]

!!!奨学金・研究費
*[学振申請書の書き方|http://old.immunoreg.jp/65596388306e4eba751f68485185/5b66632f75338acb66f8306e66f8304d65b9]
*日本教育支援機構の奨学金返済免除について
*児島将康, ``科研費獲得の方法とコツ,'' 羊土社.

!!!進路・学生生活
↓修士・博士課程学生の研究生活を垣間見ることができます.
*[okamoto7の日記|http://dopal.cs.uec.ac.jp/okamotoy/Diary/list.html] (岡本吉央 現電気通信大学准教授)
その他の有用と思われるリンク (by [奥乃先生|http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/YoungResearcher11/]) は
*[大学院修士向け研究室情報チェックリスト|http://d.hatena.ne.jp/next49/20070705/p1]
*[大学院修士学生がしておいたほうが良いこと|http://d.hatena.ne.jp/dropsound/20070429#1177842788]
*[博士後期課程進学セミナー|http://d.hatena.ne.jp/power-ocean/20090928/1254063804]
*[学生の皆さんへ|http://vega.ess.sci.osaka-u.ac.jp/~tomida/student.html]
など. ↓も面白い.
*[本で読む理系の歩き方|http://umepon-science.blogspot.com/]
*[大学での教育・研究と自己啓発|http://university.chase-dream.com/index.html] and [Chase Your Dream!|http://blog.chase-dream.com/]
*[研究・企業・生き方について|http://research.preferred.jp/2011/09/wakate2011/]
*[教授と僕の研究人生相談所|http://biomedcircus.com/article_10.html]
*[学生の皆さんへ|http://vega.ess.sci.osaka-u.ac.jp/~tomida/student.html]
困ったときは
*[大学研究室 歩き方講座|https://survey2015.symposium-hp.jp/pdf/lgeaCtg5eajrt4rf/booklet.pdf]
*[京都大学在学生の方|http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/visitor/students]
*[学生サポートガイドブック (教職員の視点から)|http://www.adm.kanazawa-u.ac.jp/ad_gakusei/campus/kousei/soudan/gakusei/menu.html]

!!!リンク集
*[Complexity Zoo|https://complexityzoo.uwaterloo.ca/Complexity_Zoo]
*[Quantum Algorithm Zoo|http://math.nist.gov/quantum/zoo/]
*[A compendium of NP optimization problems|http://www.nada.kth.se/~viggo/problemlist/compendium.html]
*[The On-Line Encyclopedia of Integer Sequences|http://oeis.org/]
*[Parameterized Complexity|http://fpt.wikidot.com/fpt]
*[Best Paper Awards in Computer Science|http://jeffhuang.com/best_paper_awards.html]
*[Wolfram Alpha|http://www.wolframalpha.com/]
*Algorithms and Computation Theory People
*[リンク集|http://www.lab2.kuis.kyoto-u.ac.jp/~tamak/links-j.html] (玉置)
*[Technical Development Guide  (Google)|https://www.google.com/about/careers/students/guide-to-technical-development.html]

stack exchangeから
* [What papers should everyone read?|http://cstheory.stackexchange.com/questions/1168/what-papers-should-everyone-read]
* [What videos should everybody watch?|http://cstheory.stackexchange.com/questions/1198/what-videos-should-everybody-watch]
* [What Lecture Notes Should Everyone Read?|http://cstheory.stackexchange.com/questions/4074/what-lecture-notes-should-everyone-read]
* [What Books Should Everyone Read?|http://cstheory.stackexchange.com/questions/3253/what-books-should-everyone-read]
* [What are the recent TCS books whose drafts are available online?|http://cstheory.stackexchange.com/questions/3540/what-are-the-recent-tcs-books-whose-drafts-are-available-online]

!!!参考文献
研究室(学生室・秘書室・先生方の部屋)に関連書籍が大量にあります. 研究に必要な書籍が研究室や図書室にない場合, 教員に相談すると購入してもらえるかもしれません.